被災地から未来へ、いのちの伝言。

 
〜津波が奪い去った町。残された、傷だらけの大地で、人はなにかを見つけた〜
Town washed away by Tsunami,,,  He saw something in the darkness…
 
上演時間 約60~90分 出演者9~18名 スタッフ7名  
 
 
〜あらすじ〜
 
 

 

市役所に入庁したばかりの若者がいた。
『あの日』若者はデスクに向っていた。
 
東日本大震災、窓の外の光景に若者は絶句する。
海沿いの避難所の世話係になった若者は、
避難民とともに生活するようになるが、非力さに苦悩する。
だが若者は気づく。目にうつる、人々の愛おしいつながり。
震災をきっかけに、老人たちと子どもたちが親密に暮らしている。
彼らがわかちあうのは、この土地に根付いた文化、芸能。
そこには前に進もうとする人達がいた。
やがて避難所に仮設風呂ができ、若者は黙々と薪割りをつづけた。
食事は白いオニギリだけ。頬張ると、若者の頬を涙がつたった。
すべてに感謝の念がわいた。
 
そして若者は驚く。
『あの日』を経験する前からあったはずの空、そして憎いはずの海の美しさに。
極限状態のなか、若者の命はかがやき、やがて被災地の太陽となる。
 
Five years from the premiere. 
We show the reality of th
e Earthquake to the world with VOICE, DANCE, RHYTHM. 

 
Story
He had just started to work in the town hall in Tsunami area . 
On “that” day, he lost words at the scene of the town ---Everything was washed away... 
He worked as a caretaker at an evacuation center living with refugees. 
”I can not do anything for these people,,, I have nothing,,,” He was struggling. 
One day, 
He saw... 
People helped each other, 
Old people told kids old story about Tsunami area in the candle light, 
about the festivals inherited from a long time ago... 
Then the temporary bath was set. 
Day after day, he chopped wood without uttering. 
His tears were flowing on his cheeks with eating rice-ball. 
He thanked everything. 
The beauty of the sky. 
The beauty of the sea even if it washed away. 
Finally, he became a hope of Tsunami area .