【座・高円寺での東京公演に、美術家・井上信太氏が参戦!!】

 

 
この度の東京公演では、従来の舞台装置に加え、新たに美術家の井上信太氏による美術が加わります。
幅広く活躍する井上氏の世界観と、東北沿岸の文化とのコラボレーションをぜひ劇場でお楽しみください。

 


 
 

【9/10東京公演、アフタートーク登壇者決定】

9/10の座・高円寺での東京公演、アフタートーク登壇者決定!!

福島から和合亮一氏(詩人)、全日本郷土芸能協会から小岩秀太郎氏のお二人です。
震災後の東北で、それぞれご活躍なさってきたカリスマ的お二人と「未来を祀る」お話をしていきたいと思います。
お楽しみに!

 

 
 

【ミュージカル いのちてんでんこ】(岩手作品)

気仙地区で九死に一生を得た人たちの、オーラルヒストリー(証言)を元に制作されたミュージカル作品。 2013年に初演され、以降主に関東を中心にとした高等学校の芸術鑑賞会を活動の場として現在までに約2万人の子供達に「いのちの伝言」を伝えて来ました。
美しい音楽とダンス、映像と共に震災の記憶と、コミュニティーにおける芸能・祭りの存在意義を深く問う作品です。

チケット      :前売3,500円、当日3.800円
プレイガイド:チケットぴあ <発売日2019年7月10日>
電話予約 0570-02-9999  Pコード:496-137
 
“Life for Tomorrow”
In 2011, there were the huge earthquakes and the tsunami in Tohoku(northern area), Japan. it caused over 400,000 refugees. 
Jujiro Maegawa, the producer of the musical “Life for Tomorrow” visited the temporary housings and interviewed over 70 refugees. 
There were lots of stories that were never reported through the media. 
There were lots of “regional lives” that never appeared in the media. 
How did people survive in the situation? 
What happened in that area? 
Jujiro thought that these stories and facts should to be known so he produced this musical based on their stories. 
The first performance was in the autumn, 2013. 
In these four years, it was performed at many schools all over Japan and so many teenagers saw this, shed tears and realized the real of Tohoku. 
The reality of Tohoku is not a story of misery but filled with love and power of community.